休日出勤の深夜労働の賃金

時間外労働を行う場合は働いた時間に応じて25%割増しで給料を受け取る事が出来ます。例えば普段の給料が時間給で2,000円であった場合は、1時間当たり2,500円という事になります。さらに夜の22時から翌朝5時の間に残業を行った場合は深夜残業となり、深夜労働の25%割増を加え、50%割増しとなり、先ほどの例であれば1時間当たり3,000円という計算になります。これは最低ラインであり、これより多い場合は問題ないのですが、逆に少ない場合は違法という事になります。

もう一つ、休日労働というものがあり、休日労働の場合は35%割増の賃金となります。この場合の時間外労働に関しては、休日労働が既に時間外労働となっているので、法定時間の8時間を超えたとしても、割増してもらえないです。ただ、深夜残業に関しては休日労働だと多くなります。休日労働の35%に深夜労働の25%を加えた60%割増しで賃金を受け取る事が出来ます。つまり、休日労働は通常日の深夜残業と同じ賃金という訳ではないです。

残業代請求の弁護士費用は?

ここで注意したいのが、休日労働だと割増になりますが、ここでいう休日というのは法定休日の事であり、法定外休日に関しては話が異なります。法定休日というのは、毎週少なくとも一回の休日、もしくは4週間に4日以上の休日、というように定められており、週40時間を超えた労働は25%割増しになりますが、週休2日で土曜だけ出勤したからといって法定休日には当たらないです。残業代を計算する際には、法定休日かどうかも考慮して計算する必要があります。
【深夜残業の最新記事】