深夜残業の適用対象や割増率

深夜残業とは労働基準法の定めに従った1日に8時間の基準を超過した労働で且つ、その時間帯が22〜5時の深夜労働の定義に掛かるものを言います。
この時間帯の労働については、残業及び深夜労働に定められた双方の割増率によって計算された賃金を支払う必要が雇用者側に生じます。

残業代請求の弁護士費用は?

具体的には残業の割増が25%以上、深夜労働の割増が25%以上と其々定められています。従って、深夜残業については通常の労働時間における賃金の150%以上を支払う必要があります。また深夜残業は休日出勤においても発生する可能性があります。休日出勤においては賃金の割増率が35%以上と規定されていますが、もともとが時間外の出勤ですから残業の割増は実質的に含まれるものと規定されています。

従って休日の場合には35%以上をベースとし、ここに深夜割増の25%以上が加わる事となります。つまり休日出勤に伴う深夜残業においては、通常の労働時間における賃金の160%以上を支払う必要がある訳です。

注意点としては基本的に対象となるか否かは労働基準法の定めに従う為、個々の労働条件によって適用が異なる面があるという事です。例えばもともとの労働時間の取り決めが6時間で深夜帯に1時間の残業を行ったとしても、総労働時間が8時間以下である事からこの場合は深夜割増のみが適用されます。

またもともとの労働時間が深夜帯の場合、残業自体は深夜に掛からないというケースも考えられます。
前述のように賃金の割増率が状況で異なる為、特に雇用者側の給与計算については細やかな注意を払う必要があると言えます。
【深夜残業の最新記事】