残業の定義は?

みなし残業は固定残業などとも呼ばれております。最近では、このみなし残業が雇用主と労働者の間でトラブルになる事が増えております。労働者は雇用主にやとわれて労働する対価として賃金をもらっています。この賃金を好き勝手に雇用主が設定できてしまうとタダ働きなども自由に出来てしまいますので、労働者の権利は法律で守るように決められております。

残業代請求の弁護士費用は?

1日8時間以上の労働、週40時間以上の労働に対しては残業代を支払う事が義務付けられています。残業分の時間をきちんと計算して残業代を支払うのは、雇用主からしたら余計な手間がかかってしまいます。そこで、月20時間の残業代を含む、などとする事によって、はじめから給料や手当の中に残業代を含めてしまう固定残業制度というものがあり、この制度を利用する事によって面倒な残業代の計算をする手間を省いている企業もあります。

そうする事で企業は残業代の計算の手間を省く事が出来て、その計算に掛かる手間を他の事に使う事も出来ます。労働者からしても、みなし残業は規定の時間内の労働であれば残業代分が得する事になりますし、その既定の時間を超えた分の残業に関しては別に残業代が発生するためにメリットがあります。問題なのは残業代を支払っているという理由で、支払わなければならない残業代の支払いを拒否する雇用主もいるからです。

労働基準法をきちんと守り、きちんとした賃金を支払っている分にはみなし残業を行っていても問題はないので、その点は誤解のないようにする必要があります。
【みなし残業の最新記事】